このトレーニングを受けて期待される効果として、その重要な目的は、ソーシャルワークが専門職として必要な標準レベルに合わせ、受講者のニーズを明確にして、そのトレーニングの内容をカスタマイズします。

  1. ソーシャルワーカーとして自身の価値観、偏見や思い込み、反応や判断について省察的で批判的に思考する事が出来る。
  2. ソーシャルワーカーとしての自身の実践評価をして、現在の実践的能力について客観視することで、改善点を明確化する、その結果自身の実践をより深く理解する事が出来る。
  3. ソーシャルワーカーとしてのヴィジョンをアクションプランとして立案する事が出来る。